HDDがおかしいと思った時点で対策を取る

パソコンを修理する際に知っておきたいこと

管理のトレンド

名刺の管理方法のトレンド

多くの人と関わりのあるビジネスを行っていく際には、その挨拶の度に名刺交換を行っていくと膨大な数の名刺をもつことになります。数十、数百という枚数の名刺を管理するのはしばしば困難を伴う作業であり、誰がどのような人かということを知るためのソースとして活用すら難しいという状況が生まれることもしばしばありました。 そういった状況を改善する近年のアプローチとして名刺をデータ化して管理するというものが広まってきています。スマートフォン等のアプリとしても登場してきており、データ化も手入力が一般的であったのが、機械による自動のデータ化機能を搭載したアプリも増えてきています。こういったアプリを活用することで効率的に名刺管理を行う時代になってきています。

アプリの活用とデータ化の方法

スマートフォンやタブレット端末を利用している場合には、そのOSに対応したアプリをインストールすることによって利用を開始することができます。データを手入力するタイプのアプリの場合には氏名や住所等を手入力していく必要がありますが、自動化されているものであれば、名刺の写真を撮るようにしてデータ化を行うことができます。 自動データ化についてはアプリによってその精度に大きなばらつきがあります。しばしば機械化されているものは有料ですが、その費用対効果は扱っている名刺が多ければ多いほど大きなものになります。数枚の名刺の入力であれば手入力も可能ですが、将来的な活用を考えると自動でデータ化ができるアプリを活用する方が便利と言えるでしょう。